株式会社PFPS研究会

先進的ICT技術を豊かな生活のために

ホーム
会社概要
商品・サービス
Smart eVision
Vitals/KM
お問い合わせ
サイト マップ
Smart eVision –企業戦略情報システム
Microsoft Rich Internet Application プラットフォーム-Silverlight (シルバーライト)で開発した3D戦略情報システムは、迅速かつ正確に各種の企業情報システムを統合し、視覚的な方法で即時に財務、営業、生産、品質等の関連情報をビジュアルに表示することができます。クライアント側のユーザーインターフェースとサーバー側のデータベースを完璧に結合し、経営者に「いつでも、どこでも(Anytime, Anywhere)」 正確に企業経営情報を提供します。 

◆ KPI実績目標管理 /  特性要因図

◆ グローバル販売戦略分析 / 地図

◆ 損益及び粗利益分析 / 比例分布図

◆ 生産プロセス監視 / ランプのリアル更新 

◆ CRM / OLAP顧客分布

◆ 生産コスト分析 / 動向統計図 

◆ バランススコアカード /ダッシュボード 

◆ トップ経営会議 / 改善対策 

       
Smart eVisionの特徴

◆Presentation 豊富な情報表現方式
 Smart eVisionは、多種多様な表現部品を提供し、データを直接に分かりやすいグラフ、画像に表示することができる。表現部品としては、統計図には棒グラフ、折線グラフ、バブルグラフ、レーダーグラフ、分散図などの11種類があり、専門分析には、ダッシュボード、特性要因図、分布図があり、画像には信号、旗、推移図、地図(世界及び地域地図)などがある。利用者は自由に構成し、設計することができる。更に、定期的に表示内容を自動更新し、最適に動的情報を表現できる。
 
◆Decision ユーザーフレンドリーな意思決定サポート
トップの意思決定管理者は、条件を入力しなくても、ボタンまたは可視化画面を利用して、迅速に期間、製品、地域、顧客なとの異なる各角度から情報を把握できる。その情報により、問題点を発見しやすくなる。異常な指標に対して、詳細な相関図表を追跡(drill-down)できる。更に、シミュレーション(Simulation)砂盤を利用してシミュレーションしながら、オンラインSNSグループ及び落書き(Ink)機能を利用して、最適な意思決定とその実行指示をサポートできる。Smart eVisionは、情報画面をPPT(PowerPoint)に変換保存できるので、経営会議のレポートに統合できる。従って、レポート内容を静的なPPTに留まらず、動的に企業の情報を表現できる。Web Browserでリアルタイムに情報を閲覧するほかに、デスクトップのGadget機能も提供しているので、管理者がパソコンを起動したら、すぐにデスクトップ(Desktop)から重要な経営指標をダッシュボードから見られ、Browserを開かなくても利用でき、更に操作が便利になる。
 
◆Easy to Learn 設計簡単により迅速な導入
 Top-Downでの迅速導入が特徴である。一般利用者が3時間の研修で意思決定管理者の要求内容を作成できる。設計プロセスは、マウスでクッリクとドラッグの操作だけである。データ間のリンクが簡単にできる。ツールバーに表示されたアイコンが分かりやすく、UI操作は短時間で習得できる。細部の制御は、例えばボタンの色と文字の変更、分析表の文字フィールドと条件の修正などは、大体ウイザード(Wizard)設定方法を利用している。このように、設計の重点を企業経営情報の応用に置くことができる。導入する際に、まず、Excelデータでプロトタイプを作成し、経営者が関心のある重要議題と画面内容を洗い出す。ETLを利用して、複数のデータベースからデータウエアハウス(Data Warehouse)を整理する。このように、仕様が不明確であり、データの整理が遅い時でも、プロジェクトの進捗は即時に把握できる。
 
◆Net Web 新世代ネットプラットフォーム
 Smart eVisionは、マイクロソフトの最新Rich Internet Application プラットフォーム-Silverlightで開発され、Silverlightのビジュアル処理機能を利用して、WEBアプリケーションの実行効率と双方向性を大幅に改善した。一般のWebシステムはサーバーで画像とページを作成し、クライント側のブラウザに転送することで、1つのWebページは大抵500kbの帯域幅を使う。Smart eVisionは、10KBのデータを転送することだけで豊富な表現できる。こうして、サーバーの稼動負荷及びネット転送データ量を大幅に減少し、企業戦略情報システムの迅速情報表示のニーズに対応できる。
 
◆Datebase オープン型異なるデータ統合プラットフォーム
 企業は各種のシステムとデータベースを所有し、場合によって過去のデータファイルまで持っている。Smart eVisionはODBC、ADOまたはADO.NETなどの方式を通して、同時に各種のデータペースを接続できる。
 例えばSQL Server、Oracle、Informix、Sybase、Dbase、Access、Excel或いはLotus-Notes、AS400、DB2。もう1つの重要な特徴としては、同じ画面で多企業または多工場の複数異なるデータベースを迅速にデータ収集と分析できる。
 
◆OLAP ビジネス知恵を即時価値アップ
 企業のOLAP応用は、販売や財務分析部門の情報分析に利用だけではなく、もっと重要なのは経営者の意思決定経験を導入するものである。Smart eVisionは、企業全体の視野で、オンライン分析処理(OLAP)のメッリトを充分利用して、自由に分析角度と数値を選び、迅速に高レベル情報を抽出する。更に、多様な方式で表現し、経営者ための双方向の企業戦略情報システムを構築できる。Cubeを構築する他に、役員は経営者の要望に応じて、すべての設計を完成させ、仕様変更の時も自主的に分析内容を調整し、コミューケーションと設計時間を有効に短縮させ、ビジネス知恵を即時価値アップする。
 
 
機能詳細

システム応用例を説明

◆3D戦略情報室

 

 企業の経営者及び管理者に専用の双方向情報プラットフォームとして、重要な経営情報(例えば、財務、営業、コストと生産など)を豊富且つ可視化のビジュアル画面に纏め、3D形式で表現する。経営会議において、経営意思決定者に企業の経営情報に迅速に集中でき、最適な経営意思決定を行なうことができる。

 ◆グローバル販売戦略分析 / 地図


 世界地図を使って、図形とランプマークを組み合わせて、各営業拠点の販売状況を表示し、画面上部にある地図の設計によって、管理者が五大陸地図間で迅速に切換できる。同時に地図の下部で、それぞれの地域の直近毎月の営業状況も表示される。
 地図上のアジアをクリックすると、地図の右側に立体棒グラフが表示され、アジア地域の各ジャンルの営業状況が表示される。特定のジャンルをクッリクすると、右下の分析表に該当ジャンルの顧客及び製品の営業情報が表示され、図表が1つになって、双方向の効果になる。

 ◆粗利益及び材料コスト分析 / 統計図及びシミュレーション

 原料価格の急激な変動などの外部環境で、経営者が材料コストに対する敏感度及び応変能力は企業勝敗の分かれ目になっている。左図上部のように、親会社と各工場の粗利益分析によって、各工場の粗利益の達成状況及び総粗利益への貢献率をはっきりと表す。
 画面の左下方には、円形分布図で各材料分類別のコスト比率が示され、右下方には複合統計図で各種要素から粗利益に対する影響が表示され、例えば、為替レート、材料コストなど、各月の数値変化とその変動率で各種の要素が粗利益に対する影響の強さが発見できる。
 過去の経営変化を表す他に、更に経営者シミュレーション機能を提供している。材料コストの中で最も割合大きい「原油価格」と「為替レート」で未来粗利益の変化をシミュレーションできる。経営者にコスト変動の原因を早期対応できるようにする。例えば、売価または製品構成を調整する。

 ◆KPI実績目標管理 / ダッシュボード


 ダッシュボード(Dashboard)は、通常目標管理及びKPI実績管理によく利用される。多様化のダッシュボードを通して、経営者が一目瞭然に運営ポイントを把握できる。右図のサンプルのように、グループ親会社の運営状況から、各子会社の販売、損益及び粗利益などの状況を追跡ができる。色別エーリアとポインターの表示より、情報の可視化管理ができると共に、異常の指標に対して、他のデータ画面またはレポートに連結(Drill-Down)し、問題の本質に把握し、森も木も見える方法で、経営者が即時に企業の運営状況を把握できる。目標管理と異常アラームは、迅速にグループの情報を整合させ、企業の競争力がアップさせることができる。

 ◆生産プロセス監視 / ランプのリアル更新


 製造業の生産現場のリアル監視に関して、注文生産の進捗、工作機の稼動状況の把握などは含めている。従来は、資料を収集と監視するために専用のシステムを構築することが必要。それは価額も高く、使用と拡張の角度から見ても、限定されている。
 Smart eVisionの設計ツールとタイマー設定機能を利用して、利用者が生産ライン図を用意すれば、生産ラインのリアルデータを合わせて、色で相対位置を表すことできる。条件に応じて色を変化させてることによって、数分間以内に多工場の生産プロセス監視図を設計できる。
 企業は、顧客に権限を与えて、Internetを通して、リアルタイムでその注文の生産状況、在庫及び出荷状況を把握できる。顧客との連携は緊密にできる。

 
構成図 

Smart eVisionは各種データをアクセスでき、OLTPとOLAPも含まれている。前者のデータはERP、SCMまたはMESなどのシステムからである。後者はマイクロソフトのSQL Sever 2005および2008 Analysis-Serviceをサポートし、事前準備したデータウェアハウス(Data Warehouse)を利用して、更にデータのアクセス速度をアップできる。
豊富な表現方法には、次の部品がある。
多種のダッシュボード(Dashboard)、特性要因図と比例分布図、十数種類の統計図(棒グラフ、折線グラフ、バブルグラフ、レーダーグラフ、分散図など)、多種の地図(世界地図、五大陸などの地図)、また、ランプマーク、信号マーク及び幾何系図形も含む。
カスタマイズと分類マークを提供し、大幅にSmart eVisionの実用性を向上した。また、もう1つの便利な設計は、双方向ボタンであり、それを利用して、経営者が企業の変化を明白に把握できる。
 
 
お勧め稼働環境

サーバー側
OS Microsoft Windows 2000,2003 Server
メモリ RAM 2G 以上

必要のアプリケーション

Microsoft IIS 5.0以上、
Microsoft .NET Framework 3.5、
Microsoft EXCEL 2000以上
クライント側
OS Microsoft Windows 2000,2003 ,XP Professional 以上
メモリ RAM 512MB 以上

必要のアプリケーション

Microsoft Internet Explorer 6.0 以上
Adobe Reader5.0 以上